HA02 スーパーカブ90 カスタム!

147_20170413174306657.jpg

149.jpg
153_20170413163141faa.jpg

008_20170413163901a3b.jpg

007_2017041316390042b.jpg


今回は、神戸市のN様からのご依頼です。先日、修理依頼の電話があり、少し前からエンジンから変な音がし始めたとのこと。変な音とといっても実際に聞いてみないとなんとも言えず、どうやらN様も異音と察したらしく、通勤の帰り道の途中で乗るのをやめて緊急駐輪されたようです。お電話をいただいた時に引き上げ日時のお打ち合せをさせていただいて、閉店後夜間に新神戸の駅前ロータリーまで引き上げに向かいました。新神戸駅の待ち合わせ場所に到着してN様とお会いした後、とりあえずエンジン始動してすぐさま数秒でエンジンを切りました。予感がどうやら的中したみたいで、結論としてはエンジンは重症な状態で音の原因はおそらくクランク大端部のベアリングのガタの打音。これに患ってピストン・シリンダー等バラしてみないと修理費用もなんとも言えない状態です。N様にその旨をお伝えしたところ、まだこれからも乗り続けていきたいとのことで、クランクを割るにあたって、エンジン内部の悪い箇所・消耗部品も交換してオーバーホールをされたいとのことでした。とりあえずエンジンをバラしてみた後に大まかな見積もりをさせていただくということで引き上げさせていただきました。 オドメーターの表示は4万キロほど。数年前に1万キロ台の中古車で購入されたとのこと。なぜ大端が逝ってしまったのか?また悪くなった大端によってどこまでダメになってしまっているのか?帰り道そんなこと考えながら戻って来ました。後日、まずオイルを抜くと金属粉の混じった銀色かかったオイルが規定量の半分強ほど。ピストン・ピストンリングもアウトっぽい。ヘッドをバラしていくとタール状になった真っ黒なオイルがべっとり付着しております。HA02・12Vといえど93年式となると24年前の車両、前回オーバーホールしたカスタム50も同年式でエンジン内部は同じような状態でした。やはりこのあたりの年式の車両は特にビジネス車両として酷使されているものが多く、”カブは丈夫”という認識でオイルの材質や管理があまり良くない状態で乗られていたり、劣化したオイルの状態で長期放置し、次のオーナーに受け継いだ車両であったりと、当時の新車時からマメなメンテナンスを受けてきた車両は少ないものです。それでも普通に走ってしまうのがカブなんですが・・・。腰上、腰下とバラしてみた結果、やはりクランク大端部のベアリングが異音の原因で、ピストン・ピストンリングも要交換、その他カムチェーンローラーガイド・オイルポンプを回しているカムチェーンガイドスプロケット・クランクシャフトに打ち込まれてあるタイミングスプロケットと、カムチェーンのかかるスプロケットやガイド類が変摩耗しておりました。今回の大端がダメになってしまった原因として考えられるのは、おそらくオイルの管理・オイルの成分・エンジンの回しすぎ、そのあたりでないかと思われます。クランクはタイミングギアも含め、Assyで交換になるため通常のOHよりも高額になってしまうことも含めてお伝えし、作業開始となりました。

009_20170413183200c46.jpg

010_20170413183201262.jpg

023_2017041318320571c.jpg

031_2017041318381881b.jpg

032_20170413183820f9a.jpg

036_20170413183821728.jpg

037_20170413183822d2c.jpg

038_20170413183824103.jpg

040_20170413184857176.jpg

028_20170413184858707.jpg


コテコテになっていたケースを洗浄して、腰下の交換部品を新品にし、腰上と着々と作業を進めていきました。シリンダーは再利用可能だったので軽くホーニングをして組み込み、バルブはカチカチに固着していたカーボンを除去してすり合わせをしてステムシールを新品交換しましました。キャブレターもガソリン漏れが少々ありましたのでパッキン交換・分解・洗浄し、エアクリ-ナー・プラグ新品交換、コネクティングチューブも亀裂があったため新品交換して作業完了となりました。


051_20170413191013491.jpg


すべての作業完了後、5キロほど試運転して、増し締め・オイル漏れ等チェックをして、静かなパワフルなエンジンとして93年式スーパーカブ カスタム90は無事にリフレッシュ、復活となりました。これからは今までより少しだけメンテナンスを心がけていただき、少しでも長く通勤快速号として、お付き合いいただけたらと思います。すべてが完了後、遠方から電車でご来店いただき神戸市北区までの遠い道のりを帰られ、帰宅後、エンジンの調子の良いご一報いただき安心いたしました。この度はありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プレスモーターサイクル

Author:プレスモーターサイクル
大阪府高槻市のカブ専門店!カブのことならおまかせ下さい!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR