スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OHVエンジン C105 レストア!

dc050902.jpg

dc050903.jpg

今回は、O様からC105の整備のご依頼です。外装は非常に状態も良く、ほぼオリジナルのままでなかなかこの程度の車両にはお目にかかれない車両です。以前何年か前まではエンジンはかかっていたそうですが、それ以来現在まで不動で保管しておられたそうです。

dc030906.jpg

dc050905.jpg

dc050906.jpg

dc050907.jpg

dc050910.jpg

dc050911.jpg

dc050912.jpg

dc050914.jpg

いざ、とりあえずエンジンをかけようとキャブレターのOHからとキャブレターを見るとチョークレバーに亀裂が・・・どうやら何かに当たったのかレバーが曲がっており、亀裂からポロっと
取れてしまいました。ストックの中古のキャブレターとで状態の良い部品同士で2個1にしてキャブレターをOHしました。エンジンは難なくかかり静かなものでしたが、整備内容をお打ち合わせさせていただいた結果、外装塗装はこのままで、エンジンはフルオーバーホールでベアリングすべて入れ替え、ピストン・ピストンリング新品、ガスケット、オイルシールすべて交換に始まり、シリンダー・シリンダーヘッド耐熱再塗装、クランクケース再塗装、ポイント・コンデンサー新品、ハンドルスイッチ修理、ハーネスコネクターすべてやり直し、レクチファイヤー新品交換、テール、ウインカーレンズ、ライトリム新品交換、ステム・フロントサスOH、ブレ-キシュー・タイヤ前後新品、各部分解洗浄組み直しなどすべての箇所といって良いほどの項目でほぼレストア、いやセミレストアの状態で作業させていただきました。

dc060458.jpg

dc060460.jpg

dc060459.jpg

dc060463.jpg

dc060461.jpg

dc060462.jpg

エンジン始動して暖気、キャブセッティング、灯火類チェック。再度油面チェックしてオイル循環確認。10km程を2回、2日にわたって合計20km強を慣らし試運転。OHVのサウンドと共に軽快に走るようになりました。レッグシールドとリアキャリアはご自宅で保管されてるので、北関東までこの状態で陸送出荷となりました。現地で元気良く軽快に走ってることを祈っております。この度はご依頼いただきありがとうございました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プレスモーターサイクル

Author:プレスモーターサイクル
大阪府高槻市のカブ専門店!カブのことならおまかせ下さい!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。