スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カモメはかもめ! C90 K1 あんどん!

画像 029

画像 025

画像 023

今回はY様からのご依頼でC90 K1 のレストアです。車量を拝見すると走行距離3.8キロ。メーターワイヤー・メーター共に正常で外装各部はホコリがかぶっているものの程度は極上、そうです。いわゆるデッドストック、当時物新車です。しかし、いきなりオイル量を見て、ガソリン入れて、キック・・・いいものなのか?と思いながら。。。そうです。この時代のC90はバッテリー点火なのでバッテリーがないと火花が飛ばず、エンジンがかかりません。当時物と思われるオイルは入っていますが、キャブレター内部の状態もチェックしてないし、おまけにクランクケース真ん中のガスケットからのオイル漏れを発見。Y様とご相談のご結果、エンジン全バラにして腰下からすべて整備ということになりました。

dc030909.jpg

dc032611.jpg

dc032624.jpg

dc032627.jpg

dc032628.jpg

dc032641.jpg

dc032643.jpg

dc032663.jpg

dc032664.jpg

エンジン全バラにして、腰下各部ベアリング交換、ガスケット新品、腰上洗浄・ステムシール交換・バルブすり合わせ・組み込みから始まり、キャブレターOH、ガソリンタンク洗浄、ちなみにK1のタンクはプラタンクです。クランクケースカバー塗装、外装各部磨き、配線端子導通チェック、ハンドル・フロントサス・ステム周り分解・洗浄・グリスアップ、タイヤ前後新品交換など、エンジン外装共に全バラにして組み立てなおしました。

dc040148.jpg

dc040149.jpg

dc040151.jpg

dc040147(修整1)

すべての工程が終了して、オイル、ガソリン入れて始動!当然ですがエンジンめちゃくちゃ静かです。数分アイドリング状態でオイル循環チェック、各部最終ネジチェックして10キロほど試運転させていただきました。ミッションは新品同様なので慣らし運転必要で3速50キロ巡航の運転ですが、さすがに新車申し分なしでさらにシャキっとしました。試運転後各部増し締め最終確認で完成しました。おそらくこの程度のカモメあんどんを見ることはこの先ないでしょう。年式は71年ごろでスーパーカブのデラックスモデルとして誕生しました。特徴としてはダイヤカットのウインカーレンズ、カモメが飛んでる時の姿をイメージしたフライングライン・ハンドル、タンクとボディーに切り込みのない1体構造、斬新なタンクエンブレムがセールスポイントだったようです。ちなみにフライングライン・ハンドルで飛ぶように走るのではなく、並木道をウキウキと走れるイメージだったようです。スーパーカブでウキウキと走りましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

きれいなかもめですね。私もかもめを大事にしているのですが、レッグシールドが割れています。きれいなレッグシールドを紹介していただけないでしょうか。お願いします。
プロフィール

プレスモーターサイクル

Author:プレスモーターサイクル
大阪府高槻市のカブ専門店!カブのことならおまかせ下さい!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。