スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HA02 カブ90 エンジンOH!

dc100402_convert_20121004113245.jpg

今回O様のカブ90のエンジンのOHのご依頼です。走行距離はなんと114000km!すでにメーターは1周しております。しかし、外装的にはオーナ様の思い入れと今日までの思い出が詰まっていて、きれいに手入れが行き届いております。お預かり時にエンジンの異音が出だしたということで、ひとまずエンジンかけて音を聞いてみます。コンコン、ガラガラと確かにメカノイズ以上の異音が確かに出てました。やはり走行距離もあってクランク周りが怪しいです。

dc103116.jpg

dc103123.jpg

dc103124.jpg

dc111101.jpg

エンジンを下ろしてシリンダーヘッドから順番にバラしていきますと、ピストンに腹打ちのあとがあります。ピストンピンもカチカチでなかなか抜けません。やっと抜けたピストンピンにも焼きがかなり入っております。ピストンはすべて交換でしょう。次にクラッチですが、ディスクの磨耗度は以前に交換されているのかさほどではないですが、プレートが磨耗していたのでクラッチ内もディスク・プレートともに交換。プライマリドリブンギアもガタが出ており、コンコン音の一番の原因はこのガタだと思われます。次にミッションをバラしますが、ギアはすべてさしあったって異常はなさそうです。しかしカウンターシャフトのスプロケットが取り付く部分の磨耗が激しく、この状態では新品のスプロケットを取り付けても相当なガタが出てしまいます。ミッションのシャフトなのでこれも要交換です。エンジンの中心部のクランクですがコンロッドの大端側に目立ったガタはなく再利用可能と判断しましたが、ケースに組んだ状態で前後にコンロッドを持ってクランクをまわしてみると、ゴリゴリ感はないですが、なんとなく違和感がありピストンの腹打ちもあって交換したほうが良いのではと、O様にご相談させていただき、クランクも交換となりました。

dc103126.jpg

dc110833.jpg

あとは、カムチェーン・オイルポンプを回しているカムチェーンガイドスプロケット・スタッドボルト等の交換をして組み上げていきます。シリンダーヘッドは、燃焼室のカーボン洗浄・バルブステムシール交換・バルブカーボン洗浄後すり合わせ、当たり面チェックをして組み上げ完了!エンジン載せてキャブレター洗浄・組み上げしてエンジン始動。オイルがまわり切るまで3分ほどアイドリングしてオイル油面チェック、タペットキャップあけてオイルの循環チェックして作業は完了しました。

dc110831.jpg

dc110832.jpg

最後に10キロ弱ですが試運転して完了となりました。異音はなくなり非常に静かなエンジンになって90エンジン完全復活です。3日後に東京青山まで自走で行かれるそうで、片道約500キロといきなりのロングランですが往復で慣らし運転は完了です。お気をつけて・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プレスモーターサイクル

Author:プレスモーターサイクル
大阪府高槻市のカブ専門店!カブのことならおまかせ下さい!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。