スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブ屋が出かけるカブツー!滋賀 彦根・長浜 湖北編!

今回もストリートバイカーズに載せていただくはずだったツーリングレポートですが、デジカメの画像サイズを間違えてボツってしまいました。10月下旬に行って来ました。 今回もブログにて更新させていただきます。

003_20141130174328f6c.jpg

015_20141130174330f30.jpg

011_20141130174329526.jpg

016_20141130174331d83.jpg

018_201411301743338d2.jpg

021_201411301749167cd.jpg

022.jpg

023_201411301749205f5.jpg

028_20141130174921ec9.jpg

027_20141130175605f70.jpg

037.jpg

038.jpg

042.jpg

054.jpg

049_20141130180145271.jpg

057.jpg

058_201411301801481fa.jpg

066.jpg

063.jpg

084.jpg

089.jpg

098.jpg

2週連続で台風18号・19号と日本に接近上陸し、その後台風接近の予報もなく、西高東低の冬型の気圧配置になる前の穏やかな秋晴れの日に今回は滋賀県・湖東から湖北のほうに向けてカブで出かけることになりました。まずはAM6時に枚方のHA02 90改105CCエンジンのY氏と枚方大橋横のコンビ二で待ち合わせ。そこからR307で交野・京田辺・山城を越えて信楽方面に向かいます。途中宇治田原に入ったところで県道783で峠を越えて宇治川ラインに出ます。そこから石山寺を越えて唐橋西詰を右折して橋を渡って湖岸道路に入ります。そこから北上しAM9時半、枚方から約2時間半で湖岸道路沿いの道の駅草津に到着しました。ここでAM9時に大津の後期C65改あんどん70エンジンのU氏と待ち合わせです。ここで3台集合したところで10時に道の駅草津を出発しました。湖岸道路をさらに北上して近江八幡のあたりでガソリン給油のため浜街道に入ります。ガソリン給油を終えて安土城跡でトイレ休憩もかねて一服しました。そこからR8に出て、さらに北上します。彦根市外の手前の多賀町からR307、R306、県道17で河内風穴方面に向かいます。河内風穴にも立ち寄りたかったのですが、時間の都合で風穴を横手に舗装林道を進んでいきます。さらに奥へと進んでいくと道は落ち葉と土で舗装面が見えなくなり、コケまで生えております。ほとんどといっていいほど4輪車の進入などないようです。そこからどれくらいか定かではないですが10分ほどカブを走らせると、男鬼地区という1つの集落に出ました。何軒かの家々を過ぎたところで、カブを止めて休憩です。U氏の案内でここまで来ましたが、この多賀町の山手には昭和40年代に廃村になった集落が幾つかあり、冬季豪雪地区なため当時彦根市街に住宅が建ち始めた頃に移り住んで廃村化してしまったらしいです。この男鬼地区もその1つになるらしいのですが、完全廃村になったわけではないらしいですが、確かにまったく人気はなく静まり返っていました。そこでコンビ二おにぎりとカップラーメンで昼食休憩としましました。早々昼食を済ませてゴミを片付けて男鬼地区をあとにし、舗装林道をどんどん進んでいきます。舗装林道のまま峠を越えて米原市入り、県道21から県道19で伊吹方面に向かいR365に出て 北上木の本方面に向かいます。木の本手前でR303で岐阜県揖斐川郡方面に向かいいくつかのトンネル抜けたところから左折して数100m走って戸倉鉱山跡に到着しました。ここは昭和40年に閉山となった鉱山跡で当時銅鉱石で栄え、60年間終止符となった鉱山跡らしい。カブを止めてコンクリートの塊の鉱石をより分けるための選工場跡を見上げると何かの遺跡にも見える建物が山肌にくっついていました。まったく当時のことを知らなかったり、またこの世にも生まれていない状態の3人はそれを見上げながら個々に何かを創造しながら記念撮影をして、休憩を取ったところで戸倉鉱山跡を跡にしました。そこからR303で来た道を戻り、R8から湖周道路に入ります。右手に湖北・竹生島を見ながらここから出発地点草津へと南下していきます。長浜を越えて米原のあたりで日が傾き日没まじかとなり、夕日をバックに記念撮影。そこから草津までノンスットプで道の駅草津を過ぎ瀬田の手前、矢橋帰帆島あたりで休憩、対岸の夜景がきれいなので記念撮影をして、本日の湖東、湖北ツーは終了となりました。ここでU氏と別れてY氏と2台で枚方方面へ向かい枚方でY氏と別れ無事にPM9時半過に高槻に戻りました。当日の総距離は約330キロ。今回、林道を走り廃村、廃墟見学ツーになりましたが、走らせたカブは昭和42年ごろのカブで廃村や鉱山跡に進入してみると、当時リアルタイムで私のカブと同じような年式のカブが日常の足として走っていたのではと創造させられるツーとなりました。たまにはこのようなツーも良いなと思うツーでした。
スポンサーサイト
プロフィール

プレスモーターサイクル

Author:プレスモーターサイクル
大阪府高槻市のカブ専門店!カブのことならおまかせ下さい!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。