氷ノ山林道キャンプツー!その1

カブ 016

カブ 005

今回10月9日・10日の連休に氷ノ山の林道まで後期C65・C70あんどん・C50改C70・110の4台でキャンプツーに行ってまいりました。初日に現地で日帰り組みC90・C200の2台と合流の予定です。AM5時前に3台が集合して9号線ガレリア亀岡でAM6時に110と待ち合わせ。4台が揃ったところで、9号線をひたすら西へ向かいます。日照するまで濃霧に襲われ、ゴーグルはビショビショ、服まで雨に当たったかのようになりました。福知山のあたりで日がさしてきたので、ひとまず道の駅で休憩&朝食。W氏お手製のおにぎりを頂きました。コンビニおにぎりと違いさすがにおいしかったです。腹ごしらえもできたところで、再び9号線を西へと向かいます。

カブ 009

カブ 022

カブ 018


和田山を超え養父を超えてハチ北の道の駅で地図の確認とトイレ休憩。一腹をしたところで、北側から目的の瀞川氷ノ山林道、広域基幹林道瀞川氷ノ山線へと突入しました。まずは有名なストレートダートで通行者の邪魔にならぬように小休止。さらにどんどん奥地へと進んでいきます。

カブ 013

カブ 007

フラットダートから少ガレダートに変わった瞬間、過積載によりフロントが浮き気味なのと、足回りが柔らかいのも手伝ってカブを思うように操作出来ず、超低速走行でハチ北のスキー場を越えて、何とか中間地点のハチ高原のスキー場の辺りまで下ってきました。そこで、本日合流予定であったC200とC90のM氏兄弟と無事に合流して記念撮影。

繧ォ繝・002_convert_20111027114028

カブ 027

それから一度舗装路を走り、合計6台で残り20km強のダートを日没までに走破してキャンプ場に向かわないといけません。過積載の状態でなんとか完走しました。M氏兄弟のお二人は日帰りなので早々に帰路へと向かわれました。残りの4人はさらに舗装路を数キロ走り、若杉高原キャンプ場にて急いでテント設営して何とか日没には間に合いました。さすがに日没後は冷えてきましたが、夕食をとりながらみんなと本日の話で盛り上がりました。本日のダート走行距離は舗装路を含む約42km程でした。これで1日目終了。




スポンサーサイト
プロフィール

プレスモーターサイクル

Author:プレスモーターサイクル
大阪府高槻市のカブ専門店!カブのことならおまかせ下さい!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR