スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーカブ 3泊4日 しまなみ海道~四国最西端ツーリング! 



カブ屋のカブツー!年末年始に3泊4日でしまなみ海道経由で四国を6Vポイントカブ3台で900キロほど走ってきました。
スポンサーサイト

カブ屋のカブツー② 1泊2日 奈良縦断 和歌山南紀編!

039.jpg

083_20160916193850b71.jpg

163.jpg

今回も2ヶ月に1度のストリートバイカーズのツーリングレポートツーリングを決行しましたが、最近整備日記の更新は出来てないものの、お客様に整備内容をご説明したり、整備日記の更新ネタとして画像をとるためにブログ用の写真サイズにてあわせてたままでツーリングに出かけてしまいました。アホなことに途中もまったく気付かず帰ってきました。手っ取りばやく言うと、雑誌編集用の写真サイズに切り替えてなかったということです。これで3度目、学習能力がありません。。。次回からは写真縮小を面倒くさがらずに、大きい写真サイズ固定にします。ということで、ブログにてツーリングレポートを今回は動画で更新したいと思います。

カブ屋のカブツー① 和歌山中紀編!

024_20160916103848d70.jpg

035_20160916103849396.jpg

029_20160916103847f1f.jpg

040_2016091616295411c.jpg

048.jpg

今回は8月のお盆前に、平日が休みでなかなかツーリングに参加できない方々とたまたま時間をとることができ、HA02 12V90エンジンのS氏、C50 あんどん改 12V75エンジンのM氏、C50 3本線改 12Vタイカブ111エンジンの私の 3台で和歌山 中紀方面へ行ってまいりました。AM6時にM氏とプレス前で待ち合わせをして出発。R170を南下して行きます。八尾あたりのR170沿いのコンビ二でS氏と合流してAM7時半に八尾を再出発しました。R170を 熊取まで南下し、そこから犬鳴山方面へと向かいます。県道62で犬鳴山温泉を横手に粉河峠を越えると和歌山県紀の川市に入ります。そこからR424に入り、さらに南下。西ヶ峯の峠を越えて道の駅明恵ふるさと館に到着しました。時間もちょうどお昼過ぎだったので、道の駅のレストランでしらす丼定食をいただきました。

050_2016091615154972a.jpg

052.jpg

053.jpg

057_201609161515511de.jpg

060_2016091615155316b.jpg

064.jpg

昼休憩も十分取ったところで、ここから行き先は未定。有田川の上流目指して山中に入るか、さらに南下して海沿いを走るか・・・。相談の結果、南下することに決定。明恵ふるさと館を出発して、R42に出ます。R42の湯浅のあたりから県道23に入り海岸線を走ります。当日は快晴で、水平線の向こうには四国がくっきりと見えてカブで走ると海風が気持ちよくどこまでも行けるような感じがしました。県道24に入り、道の駅白崎海洋公園で小休止。時間の都合もあって、由良の永井の鼻あたりから由良港をバックに記念撮影を終えてここで南下は終了。大阪へ向けての出発です。由良からR42に出て、藤並から有田川の中流を目指します。そこから県道18、R424の1本西側の峠を越えて行き道で通ったR424に入って北上して紀の川市に戻ってきました。

078_20160916154423247.jpg

083_2016091615442655d.jpg

082_20160916154426269.jpg

084_201609161544272a3.jpg

086.jpg

ここからは県道62を越えずに広域農道に入って和歌山県側を橋本に向けてカブを走らせます。京奈和自動車道(無料区間)ができたせいか、ほぼほぼ車を見ることがないくらい交通量は少なく、信号も極端に少ないので橋本までほぼノンストップ状態でした。広域農道をどんどん進むと、R371にあたります。R371を北上して高野街道の旧道で紀見峠を越えてここからはこのあたりの道に詳しいS氏の先導で何本かの県道に入り、峠を越えて千早赤坂村に入り、太子町、河内国分まで戻ってきました。途中、大阪平野が一望できるポイントで記念撮影を兼ねて休憩を取りました。S氏は国分がご自宅なので私がわかる旧R170まで案内していただき、S氏とは解散し、M氏と高槻に向けてR170を北上して途中茨木に入ったところで解散となりました。当日走行距離は約300キロ弱、普段なかなか御一緒できない方々と走ることができて、今回の和歌山中紀ツーを満喫することができました。

カブ屋が出かけるカブツー!滋賀 彦根・長浜 湖北編!

今回もストリートバイカーズに載せていただくはずだったツーリングレポートですが、デジカメの画像サイズを間違えてボツってしまいました。10月下旬に行って来ました。 今回もブログにて更新させていただきます。

003_20141130174328f6c.jpg

015_20141130174330f30.jpg

011_20141130174329526.jpg

016_20141130174331d83.jpg

018_201411301743338d2.jpg

021_201411301749167cd.jpg

022.jpg

023_201411301749205f5.jpg

028_20141130174921ec9.jpg

027_20141130175605f70.jpg

037.jpg

038.jpg

042.jpg

054.jpg

049_20141130180145271.jpg

057.jpg

058_201411301801481fa.jpg

066.jpg

063.jpg

084.jpg

089.jpg

098.jpg

2週連続で台風18号・19号と日本に接近上陸し、その後台風接近の予報もなく、西高東低の冬型の気圧配置になる前の穏やかな秋晴れの日に今回は滋賀県・湖東から湖北のほうに向けてカブで出かけることになりました。まずはAM6時に枚方のHA02 90改105CCエンジンのY氏と枚方大橋横のコンビ二で待ち合わせ。そこからR307で交野・京田辺・山城を越えて信楽方面に向かいます。途中宇治田原に入ったところで県道783で峠を越えて宇治川ラインに出ます。そこから石山寺を越えて唐橋西詰を右折して橋を渡って湖岸道路に入ります。そこから北上しAM9時半、枚方から約2時間半で湖岸道路沿いの道の駅草津に到着しました。ここでAM9時に大津の後期C65改あんどん70エンジンのU氏と待ち合わせです。ここで3台集合したところで10時に道の駅草津を出発しました。湖岸道路をさらに北上して近江八幡のあたりでガソリン給油のため浜街道に入ります。ガソリン給油を終えて安土城跡でトイレ休憩もかねて一服しました。そこからR8に出て、さらに北上します。彦根市外の手前の多賀町からR307、R306、県道17で河内風穴方面に向かいます。河内風穴にも立ち寄りたかったのですが、時間の都合で風穴を横手に舗装林道を進んでいきます。さらに奥へと進んでいくと道は落ち葉と土で舗装面が見えなくなり、コケまで生えております。ほとんどといっていいほど4輪車の進入などないようです。そこからどれくらいか定かではないですが10分ほどカブを走らせると、男鬼地区という1つの集落に出ました。何軒かの家々を過ぎたところで、カブを止めて休憩です。U氏の案内でここまで来ましたが、この多賀町の山手には昭和40年代に廃村になった集落が幾つかあり、冬季豪雪地区なため当時彦根市街に住宅が建ち始めた頃に移り住んで廃村化してしまったらしいです。この男鬼地区もその1つになるらしいのですが、完全廃村になったわけではないらしいですが、確かにまったく人気はなく静まり返っていました。そこでコンビ二おにぎりとカップラーメンで昼食休憩としましました。早々昼食を済ませてゴミを片付けて男鬼地区をあとにし、舗装林道をどんどん進んでいきます。舗装林道のまま峠を越えて米原市入り、県道21から県道19で伊吹方面に向かいR365に出て 北上木の本方面に向かいます。木の本手前でR303で岐阜県揖斐川郡方面に向かいいくつかのトンネル抜けたところから左折して数100m走って戸倉鉱山跡に到着しました。ここは昭和40年に閉山となった鉱山跡で当時銅鉱石で栄え、60年間終止符となった鉱山跡らしい。カブを止めてコンクリートの塊の鉱石をより分けるための選工場跡を見上げると何かの遺跡にも見える建物が山肌にくっついていました。まったく当時のことを知らなかったり、またこの世にも生まれていない状態の3人はそれを見上げながら個々に何かを創造しながら記念撮影をして、休憩を取ったところで戸倉鉱山跡を跡にしました。そこからR303で来た道を戻り、R8から湖周道路に入ります。右手に湖北・竹生島を見ながらここから出発地点草津へと南下していきます。長浜を越えて米原のあたりで日が傾き日没まじかとなり、夕日をバックに記念撮影。そこから草津までノンスットプで道の駅草津を過ぎ瀬田の手前、矢橋帰帆島あたりで休憩、対岸の夜景がきれいなので記念撮影をして、本日の湖東、湖北ツーは終了となりました。ここでU氏と別れてY氏と2台で枚方方面へ向かい枚方でY氏と別れ無事にPM9時半過に高槻に戻りました。当日の総距離は約330キロ。今回、林道を走り廃村、廃墟見学ツーになりましたが、走らせたカブは昭和42年ごろのカブで廃村や鉱山跡に進入してみると、当時リアルタイムで私のカブと同じような年式のカブが日常の足として走っていたのではと創造させられるツーとなりました。たまにはこのようなツーも良いなと思うツーでした。

カブ屋が出かけるカブツー! 福井 若狭高浜編!

3OhRc0s9O8Zinw91405840423_1405840498.png


今回のツーリングレポートですが、ストリートバイカーズに載せていただくため、約10台でのツーリングを企画していたのですが、梅雨の時期もあって予定日はあいにくの雨。撮影もあることなので雨天中止となり、翌週に延期・・・しかし参加者の過半数が翌週は都合が悪いとのこと。しかし最終1~2台の参加者になってしまいましたが、決行予定・・・しかし運が悪くその週も週末は雨。梅雨期、天気にはかないません。やむを得ず中止。なので、私の定休日はなぜか晴れ模様・・・急遽ソロツーで決行。場所として選んだのが日本海・高浜。最近何度か車で来ることがあったので、今回カブで走ろうと高浜方面を選びました。

5xQAAfrTMBaer0N1405840081_1405840127.png

041.jpg

040.jpg

008.jpg

jx1MZSqkTWs08HA1405839827_1405839919.png

011.jpg

009.jpg

当日、AM7:30に高槻を出発し、府道6で高槻の山を越えてR9に出ます。亀岡の市街地を抜けて途中でR9をそれて桂川沿いを走ります。そこから府道19に入って日吉町から美山町へと向かいます。美山から小浜方面R162 (周山街道)に入り、堀越トンネルを抜けて福井県名田庄村に入ります。名田庄の道の駅を過ぎ数キロ走ると県道16、高浜方面へと向かいます。R27を右折し、コンビニでトイレ休憩。一服して高浜原発方面に向かいます。高浜原発の看板からR27 を右折してからいくつかのトンネルを越え、高浜原発を横手にさらに北上します。そこから数十分で到着したのが音海地区。ここで最終大波止で行き止まりとなります。原発のアタリまでは結構な交通量ですが音海地区に入ると極端に雰囲気が変わり物静かな漁港町となります。この日本海の雰囲気が以前にカブで走った南紀の漁港町とはまた違うのです。途中でカブを止めて立ち寄った漁港の連棟舟屋などをはじめ、日本海•若狭地方独特のものがありました。ここまでソロなので坦々と走り、高槻から約3時間ほどで到着しました。

019.jpg

021.jpg

027.jpg

028.jpg

035.jpg

030.jpg

_GuwKaXzNMEi32R1405840299_1405840342.png

約30分ほど休憩してから音海地区をあとにし、来た道を戻ります。R27に 出る数キロ手前で次は県道149から県道21へと右折します。県道21をひたすらは走ります 。途中、何匹かのサルがガードレールにしゃがみながら木の実のようなものを堂々と食べてこちらを見ております。写真に収めようかと止まると何かされると思うのか結構な勢いで山中へと逃げて行きます。何度かのシャッターチャンスはあったのですが、サルのほうがすばしっこく写真に収めることは出来ませんでした。そうこうしてるうちに次の目的地、舞鶴市との境の日引漁港へ到着しました。ここは県道から漁港まで高低差があり県道からの眺めが最高で日本の棚田百選のひとつで、棚田が海岸の斜面に造られてて棚田と漁港と海が一体となった風光明媚な景観の棚田です。漁港へと降りていくと、舟屋があります。伊根の舟屋が有名ですが、京都との境とあって、このあたりも舟屋が存在します。写真撮影も終えて、日没までには高槻に帰っておきたかったので、しばらくしてから日引漁港をあとに来た道を高槻に向けて帰ることとなりました。帰りは若干ペースを落として高槻に戻ったのはPM6:30 頃でした。今回、日本海に向けてカブでソロツーに出かけましたが、今回のルート、暗い時間帯に走るととんでもないくらい鹿・猪・狸・狐と高確率で遭遇し、今年は車で夜間に走行中目の前を熊が山をよじ登っていきました。ソロでカブで、遭遇したら・・・を考えると明るい間に通過する時間配分でと・・・というわけでした。日中、安心してたら現地で大量のサルと出くわしましたが・・・。なんとか無事に記事ネタの写真を収めて帰ってきたのですが、後日写真の修整と整理をしようとしていると、なんと!カメラの画像モードがブログ用の設定で一番小さいサイズの設定ではないですか!これでは雑誌のサイズとしてはまったく大きさがたりません。雑誌ではマッチ箱ほどのサイズにしか出来ないらしく、今回まったくの没画像になってしまい、ブログでの更新となってしまいました。次回は画像サイズチェックしていきたいと思います。獣と雨を縫って決行したのに・・・。ドンクサイツーになってしまいました。
プロフィール

プレスモーターサイクル

Author:プレスモーターサイクル
大阪府高槻市のカブ専門店!カブのことならおまかせ下さい!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。