HA02 スーパーカブ90 カスタム!

147_20170413174306657.jpg

149.jpg
153_20170413163141faa.jpg

008_20170413163901a3b.jpg

007_2017041316390042b.jpg


今回は、神戸市のN様からのご依頼です。先日、修理依頼の電話があり、少し前からエンジンから変な音がし始めたとのこと。変な音とといっても実際に聞いてみないとなんとも言えず、どうやらN様も異音と察したらしく、通勤の帰り道の途中で乗るのをやめて緊急駐輪されたようです。お電話をいただいた時に引き上げ日時のお打ち合せをさせていただいて、閉店後夜間に新神戸の駅前ロータリーまで引き上げに向かいました。新神戸駅の待ち合わせ場所に到着してN様とお会いした後、とりあえずエンジン始動してすぐさま数秒でエンジンを切りました。予感がどうやら的中したみたいで、結論としてはエンジンは重症な状態で音の原因はおそらくクランク大端部のベアリングのガタの打音。これに患ってピストン・シリンダー等バラしてみないと修理費用もなんとも言えない状態です。N様にその旨をお伝えしたところ、まだこれからも乗り続けていきたいとのことで、クランクを割るにあたって、エンジン内部の悪い箇所・消耗部品も交換してオーバーホールをされたいとのことでした。とりあえずエンジンをバラしてみた後に大まかな見積もりをさせていただくということで引き上げさせていただきました。 オドメーターの表示は4万キロほど。数年前に1万キロ台の中古車で購入されたとのこと。なぜ大端が逝ってしまったのか?また悪くなった大端によってどこまでダメになってしまっているのか?帰り道そんなこと考えながら戻って来ました。後日、まずオイルを抜くと金属粉の混じった銀色かかったオイルが規定量の半分強ほど。ピストン・ピストンリングもアウトっぽい。ヘッドをバラしていくとタール状になった真っ黒なオイルがべっとり付着しております。HA02・12Vといえど93年式となると24年前の車両、前回オーバーホールしたカスタム50も同年式でエンジン内部は同じような状態でした。やはりこのあたりの年式の車両は特にビジネス車両として酷使されているものが多く、”カブは丈夫”という認識でオイルの材質や管理があまり良くない状態で乗られていたり、劣化したオイルの状態で長期放置し、次のオーナーに受け継いだ車両であったりと、当時の新車時からマメなメンテナンスを受けてきた車両は少ないものです。それでも普通に走ってしまうのがカブなんですが・・・。腰上、腰下とバラしてみた結果、やはりクランク大端部のベアリングが異音の原因で、ピストン・ピストンリングも要交換、その他カムチェーンローラーガイド・オイルポンプを回しているカムチェーンガイドスプロケット・クランクシャフトに打ち込まれてあるタイミングスプロケットと、カムチェーンのかかるスプロケットやガイド類が変摩耗しておりました。今回の大端がダメになってしまった原因として考えられるのは、おそらくオイルの管理・オイルの成分・エンジンの回しすぎ、そのあたりでないかと思われます。クランクはタイミングギアも含め、Assyで交換になるため通常のOHよりも高額になってしまうことも含めてお伝えし、作業開始となりました。

009_20170413183200c46.jpg

010_20170413183201262.jpg

023_2017041318320571c.jpg

031_2017041318381881b.jpg

032_20170413183820f9a.jpg

036_20170413183821728.jpg

037_20170413183822d2c.jpg

038_20170413183824103.jpg

040_20170413184857176.jpg

028_20170413184858707.jpg


コテコテになっていたケースを洗浄して、腰下の交換部品を新品にし、腰上と着々と作業を進めていきました。シリンダーは再利用可能だったので軽くホーニングをして組み込み、バルブはカチカチに固着していたカーボンを除去してすり合わせをしてステムシールを新品交換しましました。キャブレターもガソリン漏れが少々ありましたのでパッキン交換・分解・洗浄し、エアクリ-ナー・プラグ新品交換、コネクティングチューブも亀裂があったため新品交換して作業完了となりました。


051_20170413191013491.jpg


すべての作業完了後、5キロほど試運転して、増し締め・オイル漏れ等チェックをして、静かなパワフルなエンジンとして93年式スーパーカブ カスタム90は無事にリフレッシュ、復活となりました。これからは今までより少しだけメンテナンスを心がけていただき、少しでも長く通勤快速号として、お付き合いいただけたらと思います。すべてが完了後、遠方から電車でご来店いただき神戸市北区までの遠い道のりを帰られ、帰宅後、エンジンの調子の良いご一報いただき安心いたしました。この度はありがとうございました。
スポンサーサイト

AA01 カブ50 エンジンスワップ!

006_20170304112730b81.jpg
031.jpg
086_2017030411273296d.jpg
093.jpg
107_2017030411273663b.jpg
134.jpg
102.jpg
152.jpg
112.jpg
139.jpg

ここ最近、ずっと新旧問わずボアアップに始まり腰上・腰下を分解するという作業が続いており、一見のお客様にはある程度の作業内容を画像に収めて納車時にご説明と画像をお見せしてるのですが、エンジンの中の画像ばかりなのでブログでアップするには似たような画像と記事になりがちだったののですが、あまりにも画像がたまってしまったため、数台の作業の1カットずつをあげてみました。

116_20170304120140199.jpg
120.jpg
125_20170304120143f42.jpg
126.jpg
127.jpg

その中で、今回は京都市のH様からのご依頼です。H様はずいぶん何年も前から普段乗りにHA02 カブ90を乗ってこられ、60000キロほどになったところで白煙が出始めたため、半年ほど前にフルオーバーホールの依頼を承り、無事に完了し静かなエンジンとよみがえりました。現在はお仕事が配達業ということで知人から程度の良い高年式のAA01 カブ50を譲り受けて、それを業務用として乗られていたのですが、普段使いのカブ90とのギャップもあってか配達地域によっては激坂な場所もあり、さらに荷物を載せてとなると坂が上らない…。しかし普段使いのオーバーホールしたてのカブ90は大事に乗りたいということで、オイル交換に来られる度にボアアップもしくはエンジンスワップなどを考えられていたみたいなのですが、耐久性やマッチングなどで悩んでおられました。そこで、たまたま他のお客様でセル付きカブ90のエンジンを私がフルオーバーホールして3000キロほど走ったエンジンをわけあって他のエンジンに仕様変更されるため、そのエンジンを下取りしてH様のカブ50に載せ換えるということになりました。エンジンは整備済みなのでケース等軽く洗浄して、ハーネスをセル付きのものに交換し、セルスイッチつきのリトルカブのものに交換。そしてセルスターターリレーを追加してアクセルワイヤー・ステップバー・シフトペダル・スプロケット前後マフラーを交換して無事にエンジンの載せ換えが完了しました。

128.jpg
131.jpg
129.jpg

レッグシールドのセルモーター部をカットして、配達業務用としてのカブなのでノーマルのマフラーが理想なのですが、入荷するまでの間、とりあえず90対応の社外マフラーを取り付けて試運転し、完了となりました。現在はノーマルマフラーに交換して再度セッティング・微調整・増し締めをして配達業務で元気よく活躍してるそうです。ありがとうございました。

スーパーカブ 70 DELUXE かもめ!  

218_20161010110408aea.jpg

220_201610101140088a5.jpg

222.jpg

今回は、彦根市のH様からのご依頼です。C70 DELUXE K2 ピレネーグリーン。 珍しい車体の入庫です。状態としましては長期不動でエンジンはフルOHしてハンドルステムのゴリが出てたりで外装はすべて分解、洗浄、給油、組み立てなおし、配線劣化やり直しなど、塗装はそのままで磨いてですがほぼレストアの内容となりました。

001_20161010112413c53.jpg

004_20161010112414980.jpg

009_201610101124161aa.jpg

019_20161010112417ad3.jpg

021_201610101124196c6.jpg

001_2016101011302329b.jpg

012_20161010113022ea5.jpg

013_2016101011302542a.jpg

010_201610101130269f0.jpg

016_201610101130286a2.jpg

020_20161010114247a57.jpg

022_20161010114248167.jpg

025_20161010114345878.jpg

026_20161010114250860.jpg

028_20161010114251f93.jpg

エンジンはすべて分解して、クランク・ケースベアリング入れ替え、ミッションのメインシャフトのセカンドギアーが磨耗のため新品入手不可で部品取りエンジンから移植、ニュートラルスイッチローターが変形のため新品交換し、オイルポンプOH、クラッチディスク・プレート、ピストンリング、カムチェーン、オイルポンプにつながるカムチェーンガイドスプロケット、ローラーガイド等磨耗部品を新品交換、IN側のバルブも消耗により新品入手できたので新品交換、各部オイルシール・純正ガスケットでエンジン組み立て完了しました。あと、ポイント・コンデンサーは新品に交換し、スパークアドバンサーは分解してOHしました。

005_20161010121012b91.jpg

008_20161010121013d9f.jpg

032.jpg

033.jpg

039_201610101210172e9.jpg

次に外装はタイヤ・チューブ前後新品、チェーン・ブレーキシュー前後交換、後輪のブレーキロッドが他車の物がついていたたため長さが足らず、良質中古品に交換、タンク内サビ取り等分解・洗浄・給油・組み立てし、フロントフォークは抜いてベアリングボール入れ替え、フロントサス・サスペンションアームまわりOHして組み立てしました。ハンドル部はトッププレートに歪みがあり、左右の高さが違ったため修正で直りました。配線はギボシをすべて作り直し、マフラー磨き、エンジンを載せてキャブレターOHしてインシュレーターガスケット切り出し、エアクリーナー新品、バッテリー新品初期充電、搭載して保安電装部動作確認、エンジン始動。無事にエンジンかかり、オイルの回りをチェックして作業完了となりました。

046.jpg

045_20161010122552635.jpg

048_20161010122553ae1.jpg

047.jpg


約10キロほどの試運転を終えて、各部増し締め・微調整をしてすべて完了しました。別体タンクの通称あんどんカブと同時期に近い状態で販売されていたデラックス。キーを刺さない状態でホーンボタンを押すと前後4つのウィンカーが光り、夜間の探し物にという仕組み。そしてキーを刺してイグニッションを回すとホーンに切り替わるというなんとも凝ったことをしております。かもめの飛ぶ姿をイメージとして名づけたフライングイン・ハンドル。飛ぶように走るのではなく浮き浮きして走れるというイメージだそうです。ご依頼いただいたH様も浮き浮きして走っていただけたらと思います(笑)。この度はありがとうございました。




HONDA C50 プレスカスタム!

213.jpg

215.jpg

216.jpg

219_2016061621264571c.jpg

以前、業者から一見変わったケースの横型エンジンを仕入れ,何かの機会にこのエンジンを整備してカブに載せてみようという計画がありました。なぜなら中身の構造はもちろん、走りに対するスピード感・変速感覚・耐久性など、非常に興味と疑問のあったエンジンだったからです。そのエンジンというのは、1981年頃に発売されていたシャリー50のオートマエンジンなのです。このエンジンは海外向け(おそらくイギリス)のカブでC50LACというATシャリーと同時期に発売されていたエコノミーカブにATエンジンを搭載して両手ブレーキレバーを持つカブが存在することがわかり、ATエンジンをカブに載せてみようと思ったわけです。ATエンジンの整備内容としては、とにかく非力で遅いと聞いていたので、さらにカブに載せるとなると17インチという車輪の大きさになるため、1次減速比との愛称はわかりませんが、排気量は社外品のキットで75ccにボアアップし、クラッチがATミッションなため強化することができないので、クラッチへの負担を軽減するのにヘッドは12Vカブ50用にし、カム・キャブレター等もカブ50用ノーマルで組み上げることとしました。腰上を整備するにあたってカムチェーン周りの磨耗をチェックして、1600キロ程の実走エンジンだったのでローラーガイド等の磨耗もほとんどなく、洗浄程度で組み上げてクラッチ部へと分解作業に入りました。構造としましては、3速のオートマエンジンなので3層の遠心クラッチで成り立っており、あと変速用とキック用のワンウェイクラッチの構成で結構ややこししい構造になっておりました。各部分解・各部品の肌身をまじまじと観察しながら、洗浄・組み立てと進めました。低走行車のエンジンということもあって、特に問題もなさそうなのでボアアップキット組み込みとヘッドのOH等でエンジンは作業完了しました。

015_201606162128028cd.jpg

014_20160616212804a53.jpg

013_20160616212805bd7.jpg

016_2016061621280739b.jpg

ということで、単にカブ載せようかと思いましたが、変わったスタイルのカブにと思い、あんどんカブをベースにメインフレームはC50Zで、フロントフォーク周りはCT50, ハンドルはMD50、フロントフェンダーはC200用、レッグシールドはC100 用をカットし、カラーはホンダの当時のカブの純正色のアップルグリーンで全塗装し、あんどんカブの大きなウインカーをあえて採用してエンブレム等、雰囲気はポートカブやスチューデント風に仕上げてカスタムカブを製作してみました。試運転の感想としては、シフトペダルがないので一瞬違和感がありましたが、思ってたより加速も悪くなく、登坂力もそこそこで十分な仕上がりとなりました。最高速は1次減速比は変更できない加減もあり、2次減速比いわゆるスプケットの丁数を変更して最高速は殺して加速・登坂力重視のセッティングで65キロほど出るようになりました。あとは耐久力をテストするため、300キロほど油温の状態も観察しながら、もう少し試運転をしていきたいと思います。それを完了して、販売車両の1台とする予定です。カジュアルな格好で買い物や近所のショートツーリングには、最適な1台ではないでしょうか? 

エンジン全開!

003_20160130111320d92.jpg

005_2016013011132152a.jpg

219.jpg

143.jpg

144.jpg

148.jpg

125_20160130112833ed4.jpg


去年の下半期から今年現在、OHV・OHC、6V・12Vとずっとこのような作業がつづいております。引き続きこの後もOHV・OHC、6V・12VエンジンOH、12Vボアアップ、4速化、バッテリー点火、エンジンスワップと詰まっております。作業をショートカットをすることは出来ないので、地道に日々格闘・奮闘しております。
プロフィール

プレスモーターサイクル

Author:プレスモーターサイクル
大阪府高槻市のカブ専門店!カブのことならおまかせ下さい!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR