FC2ブログ

スーパーカブ C70Z2 センターチョーク 12Vエンジン!

019_20181211134923951.jpg

020_201812111349259d6.jpg

021_201812111349261d6.jpg

023_2018121113492722e.jpg

027_20181211134928dfa.jpg

016_20181211135122406.jpg

017_20181211135124e61.jpg

028_20181211135124787.jpg

041_20181211135339e86.jpg

032_20181211135126189.jpg

033_20181211135127823.jpg

034_201812111353368a6.jpg

035_2018121113533779b.jpg

036_20181211135338392.jpg

040_20181211135341189.jpg

044_20181211135909eaa.jpg

046_20181211135910c83.jpg

005_2018121113591115d.jpg

006_20181211135912635.jpg

007_201812111359149a7.jpg

009_201812111400222e8.jpg

011_20181211140024ae1.jpg

012_20181211140025a07.jpg

013_20181211140026431.jpg

016_20181211140028e14.jpg

017_20181211140238bdb.jpg

021_20181211140239a18.jpg

035_20181211141108cd7.jpg

036_2018121114110939d.jpg

034_201812111411113c3.jpg

037_20181211141113900.jpg

今回は東京都葛飾区のU様からのご依頼ですが、最近こういった作業内容の販売車両がほとんどでずっと更新できてませんでしたが、一連の画像をまとめることができたのでご紹介致します。まず販売車両のベース車両がカブ70 後期あんどん センターチョークに決まり、これをそのまま6V 70エンジンでという案もあったのですが、最終的には12V HA02 90エンジンを載せてさらにタイカブC100EXの97ccのシリンダー・ピストンで純正流用ボアアップのエンジンを搭載した車両製作と決まりました。まずは使わない6Vエンジンをおろして、ハーネスも外してしまいます。バッテリーの入る右側サイドカバー内の形状を12Vバッテリーのケースが入るように加工します。次に搭載するHA02カブ90エンジンを全バラにして、クランクベアリング・メイン、カウンターシャフトベアリング等を入れ替えて腰下からのOH作業に入ります。各所摩耗チェック部品交換をし、クラッチとオイルポンプはボアアップに伴い、強化するためタケガワ製を採用しました。腰下の作業を終えてピストン・シリンダーをタイカブ97ccを組み込み、ヘッドは90そのままをステムシール交換、バルブカーボン除去、すり合わせしてエンジン組み立てて完了しました。次にハーネスの加工に入ります。ハーネスは12Vのものをベースにキーシリンダーの位置が違うため移動したり、6V車両には必要のない配線は間引き、さらに12V車両にはないポジション(あんどん)の配線等を増設してすべてのギボシをやりかえてネックチューブも硬化してパキパキに割れていたので、新品に交換してハーネステープですべてを巻きなおして完了しました。次にボディの下回りとエンジンまわりを磨いて12Vイグニッションコイルを取り付けて新規ハーネスをセットし、整備完了のエンジンを載せます。加工済みのボディに12Vバッテリーケースを取り付けてウインカーリレー・ヒューズ・12VCDIをセットします。CDIは1番進角度のあるタイカブのものを使用しました。次に外装全体を磨いて、後輪まわりですがリアスプロケット交換、ハブ・スポーク・リムをバラして磨いてバランスをとって組み立てました。チェーンケースパッキンを交換し、チェーンを新品にしてリアまわり完成。次にフロントにかかります。まずはフロントタイヤ・フェンダー・ハンドルをはずしてホークを抜きます。ベアリングまわりはグリースが完全にとんでしまってて、ハンドリング性が良くありません。サスペンション・サスペンションアームも全てバラして洗浄、摩耗チェックしてフェルト交換・一部ブッシュ交換して組み立て、ホークベアリングをグリスアップして組み込んでリアと同じくフロントホイール分解・洗浄組み上げてタイヤ交換して、フロントまわり完成。次にハンドルまわりに入りますが、スイッチ類バラしてギボシをやりかえて磨き洗浄、メーターまわりの球を12Vに交換し、ステムの土台になるゴムシートがヘタってハンドルを閉めても上下左右にガタが出てたため要交換でしたが、すでにこの部分は入手できないため12V用を加工してハンドル取り付け完了。キャブレターはノーマルPB16で洗浄・パッキン交換。次にガソリンタンクサビ取り、ホース新品。マニホールド・キャブレターを取り付けてインナースロットル・アクセルワイヤー製作加工。チョークライン取り回し変更、吸気システム加工取り付けしてバッテリーライン動作確認後、エンジン始動。オイル循環確認してオイル漏れチェックして、ひとまず完了となりました。次にリアサス・リアキャリア等の外装磨きをした後、レッグシールド取り付けて試走・キャブセッティング。ジェット類・クリップ位置を変更してバッフル加工調整で終了、最後に増し締め各所微調整で作業完了となりました。腰下からのOH、ボアアップにつきシリンダー・ピストン関係が新品なのもあって全開域のメインジェットセッティングが若干変更になる恐れはありますが、おおかたの近い状態に持ってきてるのでOKとし、すべての作業を完了としました。納車はU様が記念に東京のご自宅までを自走で帰られるということで、何もトラブルのないことを祈るばかりです。と言いますか、トラブルがない状態に車両製作を終えました。現在、納車日まで日にちがありますが、お楽しみにご来店お気をつけてお越しいただき、無事に帰路につくことを願っております。

スポンサーサイト

スーパーカブ C50 初期改 75CC 6V 3速 カスタム車両!

025_20181211090039eec.jpg

026_20181211090041f50.jpg

028_201812110900418bb.jpg

027_20181211090043126.jpg

029_20181211090223581.jpg

030_20181211090224cb2.jpg

033_2018121109022621a.jpg

032_20181211090227410.jpg

031_201812110902293e9.jpg


車体は1967年になり、OHC50ccの初期型になります。通称おっぱいカブとかマックイーンカブなどと呼ばれてる車両です。この車体をベースにキャンプツーリングや林道などで楽しめるトレイルカブを製作しました。仕様はシフトパターンを1-N-2-3をN-1-2-3と使い勝手を考えて、78年頃のニューシフトパターンのZZ 6V ポイントのエンジンをベースにキタコ75ccでボアアップし、クラッチAssy・プライマリーギアを12V用4速用の軽量薄刃を入れ、クラッチディスク・プレート・スプリングをHA02 90用新品で強化、ケースカバーは左右初期型のケースを使用しております。ボアアップにあたりポイント・コンデンサー新品、カムチェーン・プッシュロッドヘッド・ローラーガイド新品、ヘッドはステムシール新品・バルブカーボン洗浄・摺り合わせ、マニホールドZZ用、キャブレター12V HA02 90用PB16、プレス吸気システムという内容で腰上を組み上げました。電装系はZZなので本来ヘッド球は15Wですが25Wになり、セレンからシリコンレクチに交換、ギボシやり替え・ハーネス・ネックチューブを新品にしてハーネステープ巻きなおしてあります。外装ですが、タイヤIRC TR1 F9分・R新品、マフラーウイングマークデッドストック、前後アルミリム・ニップル5.8パイ用太スポーク・ハブ・ブレーキパネルウレタン塗装、センタースタンド12V用 、ニシモトパワースタンド、ステップCT200用可動式を加工、社外リアサスフロント・センターキャリア・リアオーバーキャリア塗装、CT110用工具ケース、フロントフェンダープレス流カット、前後マットガード、社外ミラー、東京風防プレス流カット、フロントサスペンションアーム部のブッシュ類も交換済みでインナースロットルもOHしてスロットルグリップの戻りも良好です。このような内容で仕上げて、ツーリング・動画撮影などで5000km強走っております。このようなカスタム車両ですがなるべくノーマルルックを崩さず、6V車両ですが長距離ツーリングもこなせるような車両に仕上げました。外装は年式的に50年以上前の車両になりますのでサビ、キズはもちろんありますが、いい感じのやれ具合だと思います。


スーパーカブ C50初期改 75CC 6V 3速 カスタム車両 
車体本体価格 税込 250000yen (登録・納車整備費用別途)
その他詳細はご連絡またはご来店ください。お待ちしております。

夏季休暇のお知らせ!



8月18日(土)〜8月19日(日)の2日間、夏季休暇させていただきますので、よろしくお願い致します。8月20日(月)AM11時から営業させていただきます。よろしくお願いします。

スーパーカブ C90 初期 12V MD90エンジン!

034_20180530150423e96.jpg

038_20180530150424899.jpg

039_201805301504263bb.jpg

035_20180530150427bf6.jpg

036_2018053015042809d.jpg

040_20180530150711d29.jpg

041_20180530150713b76.jpg

042_2018053015071451e.jpg

043_201805301507160e0.jpg


車体は66年頃の初期型C90になります。あんどんカブも含め、HA02型になるまでの90は排気量も89ccで、点火方式がポイント・バッテリー点火の横型エンジンでMD90やCT110などと同じ系統のラージエンジンになります。この初期型C90に2000年以降排ガス規制後の同じラージエンジン12V CDI点火のMD90、89ccエンジンを搭載した車両になります。まず、MD90用のメインハーネスをベースにこのC90用に製作しなおし、エンジンも1万キロほどのベースエンジンを腰上OHし、カムのみ6V C90用のカムのほうがハイカムだったので6VC90のカムを入れへッド周りのブローバイの配管を切除し、バッテリーケースまわり加工、キャブレターは12V PB16のCD90のダウンチョークのキャブ仕様に仕上げました。外装はほぼオリジナルでタッチアップ・シート張替えで、タイヤは前後IRC NR6 8部山、マフラーもオリジナルモナカマフラーでサビは少なく、穴あき等ありません。この仕様で5000キロ程走行した車両になります。

スーパーカブ C90初期改 12V MD90 エンジン  
車体本体価格 税込 soldout (登録・納車整備費用別途)
その他詳細はご連絡またはご来店ください。お待ちしております。











謹賀新年 平成30年!

四国カブツー 


本年も宜しくお願いいたします。
プロフィール

プレスモーターサイクル

Author:プレスモーターサイクル
大阪府高槻市のカブ専門店!カブのことならおまかせ下さい!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR